"Fuzzroze" Effector
"Fuzzroze" Effector
"Fuzzroze" Effector
"Fuzzroze" Effector
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, "Fuzzroze" Effector
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, "Fuzzroze" Effector
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, "Fuzzroze" Effector
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, "Fuzzroze" Effector

"Fuzzroze" Effector

通常価格
¥22,000
販売価格
¥22,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

Char10代のギター・キッズへとタイムスリップさせるオリジナル・ファズが完成!
(限定生産 100台

 FUZZROZEが誕生するきっかけは、2013年4月14日に日比谷野外音楽堂にて披露されたザ・モップス「ベラよ急げ」(1968年)のカバーだった。この曲の演奏にあたり、約50年前のChar少年が爆音で響かせていた“歪みサウンド”をステージで再現するべく必要不可欠な機材として開発されたという。その後も改良を重ねていき、初披露から8年の時を経てついに完成した1台だ。

 モチーフになったのは、Charが青春時代を過ごした1960年代後半~1970年代前半頃に生産されていた国産ペダルで、アッパー・オクターブ成分とロワー成分が絶妙にブレンドされたジャパン・ビンテージなファズ・サウンドが非常に魅力的だ。筐体中央のスイッチで2種類のモードを切り替えて使用できるのもポイントで、高・低域音を強調した“MOPS”と中低域にポイントをおいた“DYNAMITES”というトーン・キャラクターを選択することが可能。どちらのモードも現行のファズ・ペダルでは得難い“個性的なサウンド”を生み出してくれる。またGSファンならばニヤリとしてしまうユニークなネーミング・センスもCharらしい“遊び心”と言えるだろう。加えて、ビンテージ機材につきまとう“ノイズ問題”が、独自の設計により大きく軽減されているのも特筆すべきトピックだ。

 このように、さまざまな改良を施されたFUZZROZEは、代替の効かない“独自の声”をギタリストに与えてくれるだろう。アイディアがどんどん湧き上がってくるようなジャパン・ファズならではの強烈なサウンドをFUZZROZEでじっくりと堪能してほしい。

◎SPECIFICATIONS

・コントロール:SUSTAIN、VOLUME

・モード・スイッチ:DYNAMITES/MOPS

・入出力端子:インプット、アウトプット

・電源:9V電池、または専用ACアダプター

・外形寸法:70(w)×113 (D)×56(H)mm

・重量:約300g

・付属品:テスト用乾電池、製品保証書、取扱説明書


◎Char’s Comment

ファズを踏むとギターを弾き始めた10代に

一瞬でタイムスリップしてしまう魔力がある


スイッチを踏んだ瞬間にガキに戻るよね。半世紀以上もギターを弾いてきてさ、良い音も出せるようになったのにファズを踏んじゃうと、ギターを弾き始めた10代の頃に一瞬でタイムスリップしてしまう魔力がある。ある種、掟破りのようなエフェクターだね。例えば……王子様とお姫様の物語に悪い奴が入ってくるみたいな(笑)。そんなスリリングな表現にピッタリ合うのはファズしかないでしょう! でもルックスのほうは、そんな音に似つかわしくない美しいロゼ・カラーなんだけどね。ディストーションのように使うこともできると思うし、ノイズもかなり少ないから便利だよ。やっぱり音で曲が作らされるし、音でフレーズも決まってくるから……これからはFUZZROZEだからこそ生まれてくる曲が必ず出てくる。だからみんなもこのペダルで素晴らしい“歪んだ生活”を送ってもらえればうれしいよ(笑)。俺と一緒にファズろうぜ!!

x